あの有名モデルも愛用

塩トマト [塩トマト]

塩トマトとは、言葉通り「塩による害を受けたトマト」なんです。

昔は、”病気のトマト”と言われていて一般的には流通して
いなかったそうです。

しかし、食べてみるとこれが甘く、塩分と糖度のバランスが
絶妙でことのほか美味しいという評判が広まりました。

元祖、「フルーツトマト」の始まりでした。

塩トマトは、さらに実のしまりが良く、普通のトマトよりも日持ちする
ということで人気が高まっていったのです。

なんといっても、糖度が8度以上って、トマトじゃないよね。

この塩トマト、栽培地域が限定され、希少価値がとっても高い!
超高級品として贈答用などにも使われるんですね。

タグ:塩トマト
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

トマト ダイエット [トマト ダイエット]

先日、報道で京都大学大学院農学研究科の河田照雄教授らの
研究グループによって、トマトの効果が新たに発見されました。

中性脂肪などを減少させる効果がトマトの成分の一つにある
というのです。
しかもその成分は、メタボリック症候群の改善に役立つ
ともいうものです。

これは、嬉しいですね。
トマトなら、普段から食べてますからね。

発見された脂肪燃焼の効果があるトマトの成分は、
生のトマトよりも加熱処理をしたトマトジュースに多く
含まれているそうです。

しかしもっと手軽にトマトを摂取したい方にはトマトの成分が
凝縮されたトマトのサプリメントが良いかもしれません。

いずれにしても、生の方がいいと思っていた固定観念が
崩れました。

調べてみるものですね。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

トマト 鍋 [トマト 鍋]

トマト 鍋は、テレビでも紹介されることが多くなり、庶民的になってきた。
しかし、鍋をやろうといってトマト鍋を思い浮かべる人は少ないだろう。

トマトを使った煮込み料理として、「ミネストローネ」「ブイヤベース」
「ズッパ ディ ペシェ」などといえば、想像しやすくなるよね。
トマトスープは、おいしいのだ!

しかし、トマト鍋とは、トマトを使った煮込み料理たは、全く異なるものだ。
あくまでも日本オリジナルのものであるトマト鍋には作り方や具材に決まりはない

トマト鍋出検索して、レシピ集を見たほうが無難なようだ。

タグ: トマト

トマトジュース [トマト ジュース]

トマトジュースは、家庭のミキサーでやるとフレッシュですが、ちょっと味気ないですね。
販売されているトマトジュースには塩で味付けしたものと食塩無添加の
無塩タイプものとがあります。

塩で味付けしたトマトジュースは飲みやすいです。
でも、家庭でやるにはどうなんですかね。
まだ、試してませんが。

しかし、塩分の取り過ぎを心配される方もいるかもしれませんよね。
実際、塩分の取り過ぎは高血圧をはじめ生活習慣病の一因でもあります。

どうしても塩分が気になるのであれば塩分が含まれていない
無添加のものを選ぶといいでしょう。

また塩入りのトマトジュースを飲んでいる方でも、健康のためには
自然塩入りのものを選ぶといいかもしれません

ちょっとした積み重ねが、とても重要なんです。

トマトジュースにクエン酸を混ぜて飲んでも、美味しいらしいですよ。
身体にもよさそうですね。
もちろん、無縁のトマトジュースで。

トマト 栽培 [トマト 栽培]

トマトの育て方

トマトは、ナス科の一年草で、家庭菜園の代表格です。

種から育てる場合は2月~3月に種をまいておくとよいでしょう。

トマトの苗を植え付けてから、2ヵ月~3ヵ月ほどで収穫できます。
そのためには植え付けは4月上旬から。(すると収穫は、5月下旬)

トマトの発芽温度は 24~30℃
生育温度は、昼間 ― 20~25℃、夜間 ― 8~13℃
土のPH(酸度)は5.5~6.5が適正です。

水の与えすぎには注意してください、乾燥には強い方ので。

トマトを植えた翌年は、連作障害が起こりやすいので、同じ場所で
ナス科の野菜は育てないようにしてください。

プランターでもトマトは、たくさん実をつけますので、小スペース
でも十分楽しめます。

病害虫など、トマト栽培の時に注意する事項

ウイルス病・青枯病・疫病・灰色かび病・うどんこ病・白絹病
アブラムシ・ハダニ・コナジラミ・ハモグリバエ・オオタバコガ
などです。

タグ:栽培 トマト

トマト レシピ [トマト レシピ]

トマト レシピは、たくさんありますね。
生はもちろん、煮込んだり、焼いたりしてもOKのトマト。

トマトは、うまみ成分であるグルタミン酸を含むので
スープやソースに使うと、味を引き立ててくれます。
パスタなど、イタリア料理には、イタリア産の赤く、細長い種類がおすすめです。

トマト レシピのカテゴリ分けだけ行ってみましょう!

★トマトのレシピⅠ 【生で食べる】
①がぶりとかぶりつく!
②一口大に切って食べる!
③サラダ
④サンドウィッチ
⑤フレッシュトマトジュース

★トマトのレシピⅡ 【火を通したり煮込んだりします】
まずはベースのソース作り。
①保存用プレーントマトソース
②本格トマトソース

★トマトのレシピⅢ 【火を通したり煮込んだりします】料理編
①ピザ風
②グラタン風
③ミネストローネ
④トマトポタージュ
⑤野菜炒め
⑥カレー
⑦簡単トマトリゾット&トマトチャーハン
⑧スパゲティ
⑨トマト煮込み

トマト レシピの詳細は後ほど♪

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます